サイトメニュー

幅広い効果を持つ施術

女性

技術力と製剤の種類に注目

ボトックス注射がどんな効果をもたらすかは、薬液を注入する場所によって異なります。たとえばエラの改善のためにボトックス注射を打つ場合、エラが大きく見える原因となっている咬筋に作用をもたらすよう注入が行われます。注入された有効成分が咬筋の収縮を抑制し、少しずつ萎縮させることによってエラの張り出しを緩和するのです。顔には様々な筋肉が張り巡らされており、互いに作用し合いながら表情を作り出しています。適切な位置に薬液を注入しないと、別の表情筋に影響をもたらしてしまい良い仕上がりが得られない可能性もあるのです。このため、ボトックス注射を受ける際にはしっかりと美容クリニックを比較し、技術と実績のあるところを選ぶことが重要となります。表情筋を始めとする様々な筋肉の働きを熟知し、解剖学を踏まえた上で施術を行っているクリニックなら、安心して任せることができるでしょう。患者の要望をよく聞き取り、最適な施術プランを提案してくれる美容整形外科を選ぶことも需要となります。丁寧なカウンセリングを行っているかどうか、細かい部分まで患者の要望をヒアリングしてくれるかどうかも、美容整形外科の重要ポイントだといえるでしょう。ボトックス注射に使用される製剤にはいくつか種類があり、それぞれ価格や効果の持続期間に違いがあります。基本的にはやや価格が高めな製剤の方が、より安全性が高く効果も長続きしやすい傾向です。これから施術を受けるのなら、そのクリニックがどのタイプのボトックスを使用しているのかという点もチェックしておきましょう。ボトックスの特徴は、使用する目的によって様々な効果をもたらす点にあります。代表的な使用目的としてエラ張り改善やアンチエイジング、表情ジワの緩和などが挙げられます。こうした目的で行われるボトックス注射は、表情筋を萎縮させることによって見た目の印象を変えるという美容施術です。ボトックスの有効成分が固くなり緊張した筋肉をゆるめ、顎周りをなだらかに変化させたり額ジワを薄くしたりするなどの効果を与えます。ボトックス注射は顔周りの美容施術としてだけでなく、部分痩せ方法としても用いられています。ボトックスによる痩身は、通常のダイエットでは痩せにくいとされるふくらはぎなどを対象に行われるのが一般的です。ふくらはぎの筋肉が発達しすぎてしまい膨らんだように見える・運動をしても改善できないといった場合に、ボトックス注射による痩身が効果をもたらします。ボトックス注射が持つもう一つの効果、それはわき汗・多汗症の改善です。ボトックス薬液は筋肉の動きを抑制するだけでなく、同時に神経の伝達も抑えることができます。その作用によって汗を分泌する元であるエクリン汗腺の働きを抑制し、汗の分泌量を減少させるのです。手術による多汗症治療とは異なり、皮膚を切開する必要がないため気軽に受けられる施術として人気を集めています。部分痩せや美容整形、多汗症治療など幅広い分野で用いられるボトックス注射は、体への負担が少なく安全性が高い施術です。効果に永続性はありませんが、再治療を受けやすい施術としても知られています。

Copyright© 2018 メスを使わず綺麗になれるボトックス注射【短い時間で済ませられる】 All Rights Reserved.